労務管理で成功するための5つのポイント!

  

 『 労務管理の目的は、会社の業績をアップさせること! 』

 御社にあった労務管理の方法を取り入れて、従業員が会社やお店への

信頼関係をもつ、強い体質にしませんか!

 

人事労務の役割を成長戦略へ

 

  職場のルールを見える形にして信頼感を高める

 会社の方針・就業規則や雇用契約など労働条件を従業員に十分に説明し、

  会社の方針と働き方を従業員が理解ことで

  @労働トラブルの回避とムダな時間とムダな費用をなくす。

  A従業員が会社(社長)の考え方を知ることで働く組織ができます。

  社長の考えをきっちりと従業員に伝えることが最大のポイントになります。

  一人一人の役割を考え、伝える

  中小企業では、一人一人の役割が業績に直結します。

 経営者・経営幹部の方の頭の中にある一人一人の評価をあいまいにせず

 きっちりと公表すること、そして評価項目と評価を公平に整備し、実行すること

 が重要です。

     従業員は、会社の姿勢・社長の態度を察知しています

  会社の利益に直結する業務へ人員配置で固定費削減!

  経営環境の厳しい中、これまでの採用方法・人員配置の考えではない新たな

 対策をほどこすことが必要です。

  固定費の削減を視野に入れ、人材・採用・配置の見直しが優先的な課題となっ

 ています!

  退職者(結婚・出産・その他)の再採用などに力を入れて成功している会社

  もあります。

  中小企業の良さを徹底的に活用!

 人材の採用・育成・労働時間の管理・パート労働者(非正規労働者)の活用など、

 中小企業が取り組んでいけば勝てます。

 働かせ方とモチベーションの維持を視野に賃金制度を再構築する!

    継続的に御社にあったサポートを受けることで会社の利益につながります。

  自ら考え、会社の方針に沿った行動できる従業員を育成!

 「積極的に自ら活躍するという意識」を持つ従業員を育てることは発展する会社

 の必須条件です。

 どうすれば、従業員が成長できるのか?ということ視点でトライ&エラーにより、

 その経験を元に御社にとっての最適な人材育成ができます。

     経営者・従業員双方の意識が変われば行動が変わります!

 

▲このページのトップに戻る