就業規則作成の手順について

          就業規則作成・修正の4ステップ 

打ち合わせ回数は、ご相談のうえ決定します 

(お客様は、ヒアリング時に協力願いますが、本業に専念して頂けます。)  

 

STEP1

初回 無料相談(経営者のご相談などを伺います) 

STEP2

打合せ(会社が従業員に求める働き方・労働条件の確認など)

STEP3

打合せ(会社の状況を法律に照らし合せ、労務管理の制度設計を行います)

STEP4

最終打合せ(就業規則の内容を確認いただき、監督署へ提出)

 

就業規則の説明会は、オプションで承っております。

お客様のごとに打合せ回数は異なりますが、

打合せ時間は1回80分からとなります。

コロナ対策のため、メールやチャットワーク、ZOOM対応も可能です。

就業規則は、会社と従業員の信頼関係に影響します。

適切な制度設計で、職場作りにご利用ください。

 

就業規則01.jpg 

 

        

就業規則作成のご依頼から納品までの流れ

STEP1

 お気軽にお問合せください。

 

  初回無料でご相談して頂けます。

  お電話またはお問合せフォームからご連絡ください。

 

 コロナ感染症の影響もあり、直接の面談が出来ない

 場合は、メールやチャットワーク、zoomなどで行います。

 (全国対応可能)

 

STEP2

初回無料相談

 

◎お客様のお悩み・労務相談をいたします。

◎伺った内容から、ご提案と見積書をご提示します。

 

STEP3

ご依頼頂いた場合

 

 次回面談日(zoomも可)を決めさせていただきます。

 @ご契約書を取り交わします。

 A御社との面談回数とスケジュール

  を確認します。

STEP4

打合せ 

 

 ヒアリングシートを元に打合せさせていただき、

 貴社に適した規程の作成いたします。

 当事務所で、労務管理の状況を確認した上で、

 社長のお悩みごとをいっしょに解決して行きます。

STEP5

 作成期間中、労務相談していただけます。

 

 今まで疑問に思っていたことなど気軽にご相談

 ください。

 当事務所では、就業規則の作成だけでなく、

 労務に関するいろいろなサポートをいたします。

STEP6

社内のルール説明

 

 会社の規程(ルール)の効果的な運用のため

 社員の方への説明(周知といいます)の上で意見書

(同意書ではありません)を社員(従業員)の過半数

 代表者の聴取する必要があります。

STEP7

所轄の労働基準監督署へ提出

 

 就業規則作成届出書および意見書を添付して、私たちが労働基準監督署へ提出代行致します。

 その後、会社の備え付け用の就業規則とCD−Rを事前に決められた方法でお届致します。←納品

STEP8

職場のルールが整います

 

 労務管理に活用することで、働くルールに根差した

 意識の高い組織へと成長出来ます。

▲このページのトップに戻る