採用面接を改善サポート

 

 C&Y社労士事務所(兵庫県神戸市)では、人材を大切にする会社一生懸命に働く意欲を持つ人との雇用のミスマッチが起こらないように、

中小企業では確立されていない採用面接の方法(面接を行う側の改善)を確立して行くサービスを提供しています。

 「人材組織診断」にてその人物の内面を分析し、「面接」により会社の現在を説明し、会社の成長とともに必要となる人物を見いだすことができるよう「採用方法の改善」を行います。

 

採用方法の前に、今までの退職者の

退職理由を考える!

 (1)会社の理念や方針が従業員に浸透していましたか?

 

 (2)組織風土、社風として

       ◎ お互い助け合ったり、切磋琢磨できる環境ですか?

       ◎ 組織を良くする方向に向かっていましたか?

       ◎ 隠ぺいするなど、問題を先送りしていませんか?

 

 (3)退職者が多くなりやすい職場ではないですか?

       ◎ 指揮命令を出す人が派閥を作ってしまう

       ◎ 上司がトラブル時に適切に対応できていない

       ◎ 役割分担などの指示系統が曖昧になっている

 

 (4)従業員のキャリアを磨けていますか?

       ◎ 会社で自分の能力を高めることができますか?

       ◎ 社内の教育体制を作っていますか?

       ◎ 会社の進む方向性と従業員の足並みがそろっていますか?

 

 「仕事が面白くない」「社内の人間関係に疲れた」「給料が割に合わない」など退職する際には、そのような理由が大勢を占めます。

 しかし、上記の理由に行きつくまでに、定着のためのフォロー体制が出来れば、人材の育成に結びつくこともあります。

 採用を考えることも重要ですが、なぜ定着しないのか?その原因を考えることも重要です。

採用の改善・面談方法をサポート

 

 中小企業の採用方法を見直して、社風を改善!

 従業員が定着する職場へと変わる採用・個人面談方法

 などで社長をサポートをいたします。

 採用に関して悩まれている経営者様は多くいらっしゃいます。

ところが悩まれているのにこれまでの採用方法を繰り返し、その結果従業員が定着しない。また原因を省みることが出来ない場合があります。

  

 辞めていく人物だけが悪い、と思いこみたい気持ちは分かりますが。

           その前に、原因を考えてみませんか?そこに御社のヒントがあります。

募集の方法が悪いのか?
採用面接までのプロセスが悪いのか?
正社員を採用したいと考えているのか?
それともパート従業員を採用したいと考えているのか?
それぞれの場合によって面接の質問事項や応答項目などが異なるはずですが、的確な面接項目を丁寧に作成しているでしょうか?
会社の将来を担う人材を雇い入れるという意識はどの程度お持ちでしょうか?
求める人物像をどの程度具体的にどこまで考えられているでしょうか?

 

          人材の採用を計画的に行うには

@plan

  (計画)

成功のための実現プロセスを設計する

ADo

  (実行)    

計画を実施し、その実現プロセスを管理する

BCheck

  (確認) 

採用後の個人面談などにより、採用の結果を評価分析する

CAction

  (改善) 

実現プロセスの改善や見直しを行う

  上記のようなプロセスをへることで、今までの場当たり的な採用方法を改善し、良い人材が定着

  します。

 

個人面談サポート

 

 3日、3週間、3か月、3年・・・不思議なものですが、入社後この時期に辞める人が多くなります。

 人間関係、仕事内容、待遇など様々な要因や原因が考えられますが、せっかく職場にもなれ、仕事も任せられるようになって来た時期であればあるほど経営者の方の落胆は大きくなります。

 採用コストを低くするためにも従業員が長く働ける職場となり、会社の内部にリーダーが育つためには個人面談を定期的に行うことで労務管理の上で大きな成果が出ます。

 また中小企業では、個人面談に社長がかかわることが肝要です。

 大切な時間を割かなければならないことは承知していますが、その割いた時間以上の効果が出るよう私たちはサポート致します。

▲このページのトップに戻る