失敗しない就業規則作成のポイント

会社の規則やルールを作った後, 悔まないために

  就業規則を作ったのに、役に立てられていない

  トラブルは減らないし、従業員は思うように働かない

  従業員の多くが会社に不満を抱え、職場の雰囲気が良くならない

  そういった原因のほとんどは、

  「就業規則なんて、書式をダウンロードして作ればいいんじゃないの?」 

  といった思い違いからきています。

  
作成する過程と運用するための豆知識が大切

ポイントは2つ

(1)就業規則を作成する上で、社労士との打合せ(ヒアリング)で、

     現状の労務の問題点の有無を確認し、問題点があればできること

     から改善する。

 

     これが意外と難点で、中小企業や小規模事業者さま

     にとっては、 

    「そんなん知らんかった。」

    「罰則まであんの?」

     で、

    「どうしたらええの」と言ったことが山ほどあります。

    社労士は、多くの会社(中小企業の)

    労基署の臨検、調査などの対応実績があるため、

    どういったことに注意したらいいのかがわかり作成後の安心感が違います。

 

(2)就業規則が完成後は、

    従業員へ規定の内容の説明ははもちろんのこと

    会社の権利(指揮命令権)・従業員の義務(職務専念義務)といった、

    少しお堅く、ちょっと難しいことも社労士からわかりやすく

    説明します。

 

「労務管理のトレンド」や「働き方改革」の重要ポイント

知っておきたい、最新労務の基礎知識

      @ 働き方のルール(労働基準法のあらまし)働き方改革対応

  こちら⇒https://jsite.mhlw.go.jp/tokyoroudoukyoku/content/contents/000626474.pdf

    A しっかりマスター 「管理監督者編」

   こちらhttps://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/content/contents/000501863.pdf

   B しっかりマスター 「割増賃金編」

  こちら⇒https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/content/contents/000501860.pdf

   上記の資料は、参考にしていただければと思います。

  多くの場合

  従業員のモチベーションは、働くルールが整っていてはじめてあがります。


当事務所では、就業規則の作成後も、

  ちょっとした労務相談や就業規則の運用などのサポート

  を行い、経営者の皆さまからも喜ばれています。

 

 従業員を大切にする会社であることが伝わりると、

   やる気や安心感につながります。

就業規則003jpg.jpg使える就業規則表紙  使える就業規則の作り方

成功に導く就業規則とは

会社が作って良かったと感じる就業規則は、

  これまで仮に出来ていなかったとしても、新たなルール作りにより

   人財の活用(労務管理)ができる基盤が整い、

   しっかりしたルールを知って、

   不安や心配ごとなく事業経営に専念して頂けます。

 

   ここでは成功例をあげて行きます。

  会社にとって必要な社内ルールが完成、やる気ある社員が多くなる

  労使トラブル、退職トラブルや問題社員に注意喚起できる仕組みが整う

  労働時間の管理や割増賃金・セクハラ、パワハラ、マタハラ問題が改善できる

  オリジナルの会社のルールブックが完成し、モチベーションが高くなる

  従業員への丁寧な説明により、社長の考えが伝わり不満を解消できる

 

 

   就業規則002.jpg

これだけは、知っておきたい就業規則

 会社の規模・業種、会社ごとに労働条件は違う

  茶髪はちょっと困るという会社や、これぐらいはO.Kという会社もあります。

  残業代を固定で支払っている会社もあれば、時間に応じて払っているところもあります。

  退職金を払える会社もあれば、退職金の規程をこれから考える会社もあります。

 

    実は、とても大切なことですが、

    会社や事業によって労働条件や働かせ方が異なるため、規定すべき内容も

    違って当たり前なのですが、モデル就業規則をちょこっと直せはいいのでは?

    と勘違いされているケースがあります。

 

 労務の規程を見れば、会社がわかる

  就業規則はじめ諸規則・規程は会社の法律です。

   作成や変更・修正を怠る会社は、適切な労務管理が行われていない場合があります。

  銀行などから融資を受ける場合に

   「財務諸表・損益計算書」などの決算書が必要であるのと同じで、

   雇用関係の公的な助成金を受けるには、就業規則や雇用契約書など法律で

   定められた書類の提出が求められるのはそのためです。

      雇用関係助成金はこちら

コストを抑えて損する経営者

  コストを抑えることばかりに考えが行きすぎると、多くの場合は損しています。

  会社規程の作成もその1つ

   ・ひながた就業規則では助成金などの申請ができない

   ・知識がないと助成金がもらえる額も少なくなります。

  社労士とWINWINの関係をつくられる経営者の方は

   社労士に相談して頂くことで、計画的に労務管理を行えます。

   また、助成金を申請できる会社になり、

   人材育成や人材活用に取組み、会社の生産性を高めています。

 

 作成事例 スポット契約

 【創業18年になる B社(神戸)】

  正社員 12名 パートアルバイト 30名

  数年前に、従業員数が10名を超えると就業規則を作成し、労働基準監督署へ届出

  なければいけないことをはじめて知った。

   しかし、顧問の社労士が高齢のためか「ひながたの就業規則」を社長に渡しそれで

  作るように言われた。

   困った社長は、最初は本を見て作ろうとしたが、労働基準法もよくわからず用語も耳慣れ

  ない言葉ばかりで自作することを断念し、当事務所へ依頼された。

 

   最初は、会社の規程が完成すればそれだけでO.Kと考えていた社長。

  しかし、打合せのヒアリングが進むにつれ、今まで聞くことが出来なかった法律や

  社会保険の悩みごとも話題にされるようになった。

   私たちは、規程をただ単に作成するのではなく、

  会社にあったカタチでの労務管理の方法ご提案しました。

 

   はじめは「料金が安そう!」が1つの理由だったそうですが

  「労働時間の管理

  「変形労働時間制」「特殊な社会保険の算定の方法」など、

   今までの不安を解消することが出来たと、喜んで頂けました。

 

 

作成事例 スポット契約

 【 創業30年 製造業  神戸・兵庫・加古川 】

  正社員15名 パート・契約社員 10名

  先代から引き継いだ、社長から「就業規則の整備と労務管理」の依頼

  合計4回、各回2時間半かけて、会社の実情をヒアリングし、就業規則を作成

  従業員の通報(申告)からか?労基署の調査があり、時間を取られ苦労された

  ことから、「二度とこんな経験はしたくない」と、しっかりした就業規則と労務管理の

  方法を整えられた。

 (就業規則作成後の労務相談サービス)

   この社長は、その後ことあるごとに、電話で労務相談をされるようになった。

   こちらも、社長の性格や会社の実情を把握しているので、事前対策のやり方や

   法令などをお伝えしやすくなり、今もWINWINの関係ができています。

就業規則の作成、整備・リニューアルのポイント

  
 

トップの考えや行動に意味がある

   職場のルールを改善する上での最重要ポイントは、

 経営者の本音(経営者の事業に対する熱い気持ち)を

 従業員に伝えることです。

   また、揺るがない信念、やり抜く気持ちとでもいうと思います。

 

社長の片腕となる、社員を育てる

『遅刻をしてくる従業員がいるのでそんな従業員を無くしたい』

従業員が定着しないので定着させたい』

 などはルールを作っただけで、解決できることではありません

 もし、今多くの問題があるとすれば、

 改善する雰囲気を社長自身が率先してつくる必要があります。

 難しくはありません、社長の雰囲気一つで変えることができます。

 

 そういったサポートも当事務所では行っています。

 

会社規程は作りっぱなしでなく、運用が大事

 就業規則は作り方しだいで、

 経営者が考えていなかったような良い成果を出し、

 社長の考えを理解できる従業員が増えます。

 

 作成のための打合せ(面談)やルールの使い方の説明を十分行い、

 従業員に納得感を与えることが求められます。

   従業員が疑いの気持ちでいる職場は、生産性が落ちてしまいます。

 そのため従業員が理解できるように伝えるとが大切です。

 

 もし、今の就業規則が少しでも不安なら

 就業規則診断や無料相談をご利用ください。

 

 →就業規則診断サービスはこちら

 また、労務管理の良い方法がわかります。

 「無料相談の受け方」はこちら

▲このページのトップに戻る