完全週休2日制の場合

 【例 1】

第◇条 1 所定労働時間は、1週間については40時間以内、1日については8時間とする。

    2 始業・終業の時刻及び休憩時間は、次のとおりとする。ただし、業務の都合その他

      やむを得ない事情により、これらを繰り上げ、または繰り下げることがある。

         始業時刻 午前8時

         終業時刻 午後5時

         休憩時間 正午から午後1時

 

第△条 1 休日は、次のとおりとする。

      (1)土曜日及び日曜日

      (2)年末年始(12月◎日〜1月◎日)

      (3)夏季 (7月〜9月の間にて◎日)

     2 業務の都合により必要やむを得ない場合は、あらかじめ前項の休日を

       同一週の他の日と振り替えることがある。  

    ☆8時間×5日=週40時間(毎週)と年間休日 約52週間×2により 約105日
     を確保 

1日の所定労働時間を6時間40分とする場合

【例 2】

第◇条 1 所定労働時間は、1週間については40時間以内、1日については6時間40分と
      する。

     2 始業・終業の時刻及び休憩時間は、次のとおりとする。ただし、業務の都合その
       他やむを得ない事情により、これらを繰り上げ、または繰り下げることがある。

          始業時刻 午前9時

          就業時刻 午後5時

          休憩時間 午前10時30分から10分間、正午から1時間、午後3時か
               ら10分間

 

第△条 1 休日は、次のとおりとする。

     (1)日曜日

     (2)国民の祝日(日曜日と重なったときはその翌日)

     (3)年末年始 (12月◎日〜1月◎日)

     (4)夏季 (7月〜9月の間にて◎日)

     2 業務の都合により必要やむを得ない場合は、あらかじめ前項の休日を同一週内の

       他の日と振り替えることがある。

      ☆6時間40分×6日=週40時間(毎週)  労働基準法第35条も充たすことになる。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
078-302-1482

受付時間:9:00~19:00
定休日:日曜日・祝日

上記の時間に連絡を取ることが出来ないお客様
お問合せフォーム」・(24時間メールによる受付)をご利用ください。
また、顧問先に外出している場合がございます。
ご面倒をおかけしますが
メールの「お問合せフォーム」より、ご連絡お願い致します。

兵庫県神戸市の神戸就業規則サポートは,就業規則の作成 ・難易度の高い規程改定もお任せいただけるプロ社会保険労務士です。
当社労士事務所は、労務のプロ社会保険労務士として、法律だけでは難しい労務のお困りごとを解決します。

【兵庫県神戸市(中央区、灘区、東灘区、北区、西区、兵庫区、長田区、須磨区、垂水区)尼崎市、芦屋市、西宮市、宝塚市、明石市、加古川市、三木市、姫路市、たつの市、淡路市、川西市、大阪府、大阪市、豊中市、吹田市、京都府、京都市】