就業規則作成 入門編

    【ある会社の相談事例から】

  @ Q社長:「就業規則って一体なに?」

    社労士:「会社で従業員を雇う時に、個人個人と働く条件について契約をしますが、従業員全体と

          しての働く上での条件を取り決めるものです。」

 

  A Q社長:「うちの会社は社員13人なんだけど作らないといけないの?あっそうそう、パートも

          その人数に入るの?」

    社労士:「常態として従業員がパートも含めて10人以上だと、会社に作成して労働基準監督署へ

         の届出が義務づけられています。また10人未満の従業員の会社であっても会社のルール

         を作ることをお勧めしています。」

  

  B Q社長:「うちは零細企業だから、労基法なんて守っていたら会社が潰れてしまう」

     社労士:「そういう気持ちはよく分かります。でも本当のところ社長も正しく労基法を知らない

           のではないですか。実際に社長の会社の労働条件を教えてください。」

 

     少し間があって

  C Q社長:「実は、友人の会社に監督署が入ったと聞いて、自分も不安になってしまった。

         苦労して創った会社を守りたいのです。」

     社労士:「苦労して会社を創ったのですね。私も一事業者としてお気持ちは分かります。

           何か従業員とトラブルになったことは無かったですか。」

 

  D  Q社長:「会社の仕事のことで、従業員が感情的になっていたので今日は帰りなさい。

          と落ち着かせるために言ったら、次の日から会社に来なくなった従業員がいた。」

     社労士:「それは大変だったでしょう。」

 

  E  Q社長:「そうそう、それ以来かな?他の従業員に就業規則を見せてほしいと言われる

                       回数が増えたのも。」

     社労士:「そうなんですね。従業員の方も安心して働くためにも必要なものです。もちろんトラブル

           防止や会社を守るという面もあります。それ以上に職場の環境を考えて整備することに

           つながります。」

 

  F  Q社長:「労働時間も法律に合っているのか?割増賃金も固定で払っていたのだけれど・・・

          何から手をつけたらいいのか?よく分からないのだけれど。」

     社労士:「大丈夫です。手順をふんで一つ一つ解決して行きましょう。」

    

      と言うように、実際何から手を施して行けばいいのか?が

      分からないでお困りではないでしょうか!

     

             「失敗しない就業規則作成のポイント」 ←こちら

▲このページのトップに戻る